睡眠時無呼吸症候群と診断されるまでの流れ

耳鼻咽喉科サージセンターちばで改めて精密検査を受けました。

まずは先生による診察です。

 

医師による診察

昼間仕事中にどれくらい眠いか、鼻の病気があるか?、夜間トイレに行くか?等を聞かれました。

確かに眠いっちゃねむけれどそれが病的だとは思っていませんでした。

はなの病気はアレルギーで花が詰まるくらい。

夜はトイレで立ったりせず、自分ではぐっすり寝ているつもりでした。

さらに、いびきや睡眠中の無呼吸の頻度を聞かれましたが、自分では自覚症状がないので、付き添っていた妻に答えてもらいました(病院に行く前に寝ている様子の分かる家族と来るように言われました)。

問診の結果、自覚症状はないかもしれないが睡眠時無呼吸症候群の疑いが濃いという事で、さらなる検査をすることになりました。

 

家に帰って機械で簡易検査

実際に寝ている間に呼吸が止まっているのかどうか、家に機器を持ち帰って計るように言われました。

鼻からの呼吸を計るセンサーと、血液中の酸素濃度と脈拍を計る指センサーのついた腕時計の大きいのみたいな機器を寝る前に装着すると、寝ている間の症状を自動的に診察してくれるとか。

ちなみに、痛いとかはありませんでした。

 

病院に入院して精密検査

家でセンサーを付けた検査でやはりよる呼吸が止まっていて、しかも思った以上に高頻度で止まっているとの事で、あらためて病院に泊まり込んでもっと大掛かりな機械で精密検査をすることになりました。

当時は重要なプロジェクトを任されたばかりで、忙しさもハンパなかったので、精密検査の時間を採るのはムリじゃないかと思っていたのですが、検査は夜に行われると聞き、安心したのを覚えています(当たり前ですよね)。

夜の7時前には病院に来るように言われていたので、いつもよりも早く会社を出て、直接向かいました。

着替えや歯ブラシなどは妻が持ってきてくれました。

早速検査開始です。何だか痛いのはイヤだなあと思ったのですが、とにかく体中にコードを付けられるくらいで(大げさすぎてビビりましたが)、全く痛い思いはしませんでした。

検査機器は、終夜睡眠ポリグラフ=PSGとかいうもの。なんでも、呼吸だけでなく、脳波や心電図も検査してくれるとか。

脳や心臓にも悪影響があるの?そうらしいです。呼吸が止まると血中の酸素濃度が下がるので脳や心臓に負担をかけることになり、結果的に心筋梗塞や脳梗塞のリスクを上げてしまうのだとか。

まじか。怖い・・

検査は20時に始まり、22時に消灯。無理やりそんな早くから寝なければいけません。

でも、体中にコードがついていて気になって眠れない。抜蒸れないとマズい!と焦ると余計に寝られませんでした。

起床は6時。寝た気がしないまま朝が来てしまいました。普段と違う寝方をしていたので、正しく検査ができているか心配でした(結果しっかり取れてました)。

次の週改めて先生の所に行くと、正真正銘のSAS睡眠時無呼吸症候群と診断されましたが、それほど重症度は高くないとの事で標準的な治療をすることになりました。

いわゆる、CPAP療法(気道陽圧療法)というものです。