いびきの原因と治療

いびきのメカニズム

私は小さい頃からいびきをしていました。

翌2段ベットの上に寝ていた姉に「うるさい!」と言われて、それこそ夜中でも起こされたことがあったくらい。

でも、うちの家族は皆いびきをしていたので、そういうものだと思っていました。

しかも、いびきをしていない時も多かったのでそれほど気に留めていませんでした。

しかし、結婚してから妻にうるさすぎて寝られないと別の部屋にベッドを移された時に初めて、自分のいびきは病的かもしれないと思ったわけです。

そのこともあって病院に行ったわけですが、その時に言われたのは睡眠時無呼吸症候群との関連性でした。

 

いびきの原因は肥満だけではない

お医者さんの説明では、いびきはのどに空気が通るのを邪魔されると、それで笛のような音が出るんだとか。

私の場合は、元々「首が短く」、「のどちんこが長い方で」、「顎が後ろにへこんでいる」という特徴がまさにのどが狭まり空気が通る時に音が出やすい、つまり、いびきの出やすい体形だったようです。

また、私は重度花粉症でちょっ中鼻が詰まっていたのですが、これもいびきの原因だろうと言われました。

これらに加え、肥満も大きな原因でした。

急激に太ったことで脂肪がのどを圧迫するので、気道を空気が通りにくくなったという事です。

いびきのメカニズム

自分の感覚では結婚してから20㎏太ったとはいえまだ80㎏程度だったので、「百貫デブ」というわけではないと自分に言い聞かせていたのですが、医者の話を聞いて自分が肥満であることを認めざるを得ませんでした。

 

いびき治療

このように、私の場合いびきが複合的な原因から起こっていると考えらえれましたので、色々なアプローチをとりました。

 

鼻炎の治療

まず最初にやったのは鼻炎の治療です。薬を飲んだり、鼻炎スプレーをしたりしました。

これでしんどかったのは眠気との闘い。鼻炎の薬は副作用で眠くなりますが、1日1回飲むだけで良いタイプだと長時間効果が持続するので昼間眠くてしょうがなかったんです。

そこで、1日2回のタイプにして夜飲むだけに変更してもらいました。また昼間はひどい時だけ鼻炎スプレーで対処するようにしたら、眠気に襲われることもなくなりました(とは言え、昼飯後の会議は眠いですが)。

なお、昼眠くなると困りますが寄るなら逆に好都合。おかげでぐっすり寝られている気がします。

 

枕を変える

上を向いて寝ると気道が狭くなりやすいんだとか。で横向きになって寝ることを勧められました。

ただ、当時は40肩で、横になりやすい方向に向けなかったので、何となく寝にくかったのを覚えています(もう慣れましたが)。

そこで、対策としてこのような妙な形をした枕を買いました。

横向き枕

 

これが枕の高さが絶妙で、肩も痛くならず、非常に首のすわりも丁度良くてぐっすり寝られました(ちなみに私の妻には高すぎて合いませんでした)。

 

肥満解消

食事療法や運動療法(ジム通い)を汲みわせてやせた事で、かなりいびきが小さくなったと妻にも言われています。

なお食事療法に関連して、アルコールを飲む回数を減らしました。お医者さん曰く、アルコールで血流が良くなると鼻閉(鼻づまり)を起こしたり、筋肉を弛緩させるので気道が閉塞しやすくなるんだとか。

実際は上の3つを同時にやったので、どれが効いたのか分からないんですけどね。

 

最悪手術も

人によっては扁桃腺を切除したりしなければいけない人もいるそうです。

今は妻は「昔に比べたら全然気にならない」と言ってくれていますが、人様に迷惑をかけるのはイヤなので、いつかは手術をした方がいいのかと思っています。

 

 

(参考)

耳鼻咽喉科サージセンターちば